ブログ記事一覧

モテスタイル【細マッチョ】になるためのランニングのコツや頻度とは?

世の中の男のほとんどが、

「クソッ!モテたい!」

「ちきしょー!いい体になりたい!」

と思っている。

そんな男性たちが抱える悩みとは、

どうすればモテスタイルと言われる細マッチョになれるのだろうか?

というものである。

筋トレやダイエットをしている男達にとって、
細マッチョになって女性にモテるというのは一つの目標。

そんなモテモテの細マッチョになるための方法はいくつかある。

その中のひとつとしてオススメなのが、

ランニング

である。

そこで、
今日は細マッチョになるためにランニングのコツや頻度について考えていこう。

この記事を読めば、
頭の中に描く細マッチョが現実のものとなって、努力次第ではモテモテスタイルな男になっているはずだ。

早速見ていこう。

細マッチョになるには脂肪の燃焼が大事

細マッチョになってモテるには、
まず大前提として自分自身の余分な脂肪をなるべく取り除くことが重要

例えば、
ガリッガリで誰がどう見ても細い人は脂肪燃焼は不要。

むしろ、
そんな人はガンガン食べてガンガン筋トレして筋肉を増やしたほうがいい。

今回のテーマであるランニングも、
もしかしたらガリガリの人は不要かもしれない。

そうした人を除けば、
細マッチョを目指したい!と思っている人というのは多かれ少なかれ余分な脂肪があり、それを除去したいと考えている人だ。

脂肪がなくなれば、
その下に隠れている筋肉が見えるようになり細マッチョになることができる。

あとは筋肉量を増やしていけばいいだけ、ということになる。

まずは、
そのたるんだ身体に付着してしまった脂肪を燃焼させて除去すること。

その行動が、
モテモテの細マッチョになるための最優先課題であると認識しよう。

細マッチョになるためにランニングで重視するのは【時間と距離】

脂肪燃焼に効果的なのが有酸素運動。

今回取り上げるランニングってやつだ。

オリンピックや世界陸上に出場するようなランナーは、
みな余分な脂肪が一切なく、身体のほとんどが筋肉。

そりゃかっこいいしセクシーだ。

それに加え、
全体的に細くてスマートというまさに細マッチョ。

つまり、
人間にとって走るという行為は、余分な脂肪を燃焼させる最善の方法のひとつ。

ランニングこそが、
細マッチョになることができる最適な方法と言えるのだ。

細マッチョになるためにランニングのコツだが、みなさんは

【速さ】・【距離】・【時間】

のどれを優先させればいいと思うだろうか?

速く走ればそれだけカロリー消費するから細マッチョになれるんじゃないの?

と思いがち。

だが、
実は脂肪燃焼に効果的なのは

【距離】と【時間】

に重点を置いたランニングなのである。

世界一やせる走り方によるとこう記述してある。

ゆっくり走れば体内にある糖質と脂質の使われる割合は五分五分程度なのに対し、ダッシュなどのハイスピードなランニングをすると脂質が使われる率はなんと10%程度にまで激減してしまう。

とのこと。

つまり、

速く走る無酸素運動よりも、

呼吸を意識してゆっくり走る有酸素運動の方が体脂肪は燃える

ということなのである。

なるべく長い距離を、
なるべく長い時間でゆっくりランニングすると脂肪はどんどん燃焼する。

反対に、
速く走ると速度は上がるかもしれないが、結局走れる時間も短くなるし距離も長くすることはできなくなる。

さらに脂質を消費する割合も下がるので、
理想の細マッチョになるための脂肪燃焼が滞ってしまうだろう。

脂肪を燃焼させて細マッチョになるには、
とにかくゆっくり、長い時間を、長い距離でランニングするのが重要なのだ。

【男がモテるには?】スクワットを取り入れて女が本能的にホレるかっこいい筋肉をつけよう!筋肉がある男はモテる。 だが、 ただ闇雲に筋トレをして、体を大きくすればいいってものでもない。 と悩む非モテ男性も多いだろ...

細マッチョになるための最適のランニング速度は時速8km

 

では、
理想の細マッチョになるために最適なランニング速度はどのくらいなのか?

細マッチョになるための理想のランニング速度、それは

時速8km

である。

「アレ?意外と遅いな?」

と思うかもしれないが、
この速度が実は一番脂肪燃焼に適していると言われているのだ。

この速度なら俺のハイハイよりも速いから脂肪も燃焼するだろうな

慣れてきたら時速8.5~9kmくらいまでは上げてもOK。

ウォーキングなどの軽い運動をすると、
脂質と糖質は同じくらいの比率で消費される。

そこで少しスピードを上げてみる。

ウォーキングから少し速度を上げると、当然消費エネルギーは増える。

ゆっくり走る程度の速度でもこの比率は変わらないが、
時速6kmのペースで歩いていたのを時速8kmで走るようにすると、消費カロリーはなんと約2倍に。

これにより、
より多くの脂肪を燃焼し、理想の細マッチョに近づくことができるのである。

ちなみに、
ランニングするスピードを時速10kmまで上げられると、時間あたりの消費カロリー量はさらに25%アップする。

個人的な意見として、
時速8kmだと少し物足りないなぁ・・・と思うくらいの体力と速度に慣れると、かなり脂肪は燃焼する。

「気がついたら時速10kmだったよ(アプリなどで計測)!」

という人は、
大体が細マッチョ、または均整のとれたスマートな体つきをしている印象だ。

起業家やヤリ手のビジネスマンはこの雰囲気の人が多い。

参考までに。

いずれにしても、
一般的な細マッチョランニングの理想速度は8km。

だが、
運動能力が高い人やランニングが好きな人、とにかくどうしても早く細マッチョになりたい!という欲張りな人は、時速10kmでのランニングを目指そう。

テストステロンを増やす筋トレは懸垂がベスト!モテたい男は背中・肩・腕を鍛えろ!テストステロンを増やすための筋トレメニューの中でも、個人的にベストだと感じるのが懸垂。 これから筋トレを始める初心者は、 テストス...

週にどのくらいの頻度でランニングすれば細マッチョになれる?

細マッチョになるためのランニングだが、

週にどのくらい走るのが理想なのだろうか?

これは仕事やライフスタイルによるが、

大体週に2~3回のランニングが理想だろう。

走る距離や時間が短い人は、
週に4回以上ランニングをするのもアリだ。

どうしても時間が取れずに走る距離が少ない人も多い。

そういった人は、
その分食事の量を少なくする、糖質を控えてタンパク質を多く摂るなどコントロールすればOKだ。

まずはランニングを習慣化すること。

そして、
細マッチョになってモテたい!というモチベーションを忘れないことがポイントだ。

が、
時として細マッチョになりたい気持ちが強すぎてオーバーワークになってしまう場合もある。

それはいくらなんでも危険。リスキーだ。

疲れが取れにくくなり、
ケガや病気などの原因ともなってしまう。

個人的には、
1回のランニングで8~10kmの距離を時速8~10kmで走り、それを1日おきや2日おきに行うのがベストと感じる。

ランニング後の疲労回復の時間も十分考慮に入れるべき。

脂肪燃焼に夢中になりすぎて、
本来人間が必要としている休息という時間を割いても脂肪はこちらが思うように減ってはくれない。

むしろ、
負荷と休息のバランスを上手に維持している人こそ、細マッチョボディを手に入れている。

まずは自分のペースでランニングの頻度を決めてみよう。

慣れてきたら、
週に走る回数ではなく、走る距離(週に25km、1ヶ月に80kmなど)を決めてランニングするのもアリだ。

いずれにしても、
継続しなければ細マッチョになるのは難しい。

中・長期的なプランで、
細マッチョになることを考えてみるのが賢いやり方だろう。

HIITトレーニングにスクワットを取り入れればモテる体になれる!細マッチョになるコツは下半身強化! そう、 モテる男はいい体をしていることが多い。 デブでもモテている男もいるが、 それは脂肪量を凌駕する特別な能力、魅力、財...

筋トレをしてからランニングをすれば細マッチョになりやすい

より早く理想の細マッチョになるには、

筋トレ→ランニングという順番

でトレーニングするのが効果的だ。

こちらの記事にも書いたが、
筋トレをすると、脂肪の分解に影響があると言われる【成長ホルモン】が分泌され脂肪燃焼が促進される。

モテる体を手に入れるには筋トレ→ランの順を死守せよ!男がダイエット・減量するのに効果的なトレーニングの順番とは?モテボディを手に入れるには、 まず先に筋トレをして、そのあとにランニングなどの有酸素運動をするようにしよう。 モテボディを手に入れ...

その状態で、
さらに理想のランニング(時間をかけてなるべく長く走る)をすれば、脂肪はガンガン燃焼されて細マッチョに近づく、というわけだ。

間違っても、
先にランニングをしてから筋トレをしないように。

「でも、身体を温めてからワークアウトしたいんだよね・・・」

という人も中にはいる。

そんな人は、
少し厚着をしたりネックウォーマーを活用したりして、身体が温まりやすい環境を作って10〜15分ほど軽くランニングすればOKだ。

身体が温まってくれば、
当然ながら脂肪も燃焼しやすい状態となるので細マッチョになりやすくなると言える。

また、
脂肪燃焼のカギは身体の中でも大きな筋肉を鍛えて代謝を上げること。

胸、背筋、太ももあたりの筋肉をランニング前に鍛えると効果的。

特に、
下半身を鍛えるスクワットは脂肪燃焼にかなり効果がある。

スクワットをして下半身を散々いじめて、
そこからランニング、という順序ならかなりのハイペースで細マッチョになれるはずだ。

詳しくは、
世界一やせる走り方を読んでもらうと理解が深まるだろう。

ランニング前の効果的な筋トレメニューも詳しく解説してあるので、
ガチンコで細マッチョを目指して女性の視線を独り占めしたいならチェックしてみて欲しい。

テストステロンを増やす筋トレは懸垂がベスト!モテたい男は背中・肩・腕を鍛えろ!テストステロンを増やすための筋トレメニューの中でも、個人的にベストだと感じるのが懸垂。 これから筋トレを始める初心者は、 テストス...

細マッチョになるためには脂肪燃焼系のサプリは飲むべき?

大事なので繰り返すが、
女性にモテる細マッチョボディになるためには【脂肪燃焼】がポイント。

この世の中には、
モテを遮ると言われる脂肪を燃焼させる脂肪燃焼系のサプリが星の数ほどある。

Amazonで【脂肪燃焼】というキーワードなどを検索すれば一目瞭然だ。

が、
そのサプリを活用すれば効率よく脂肪燃焼ができるかといったらそうでもない。

かつて、
HMBなどさまざまな燃焼系のサプリを試してみたものの、やっぱり一番脂肪燃焼したのが

【身体を動かして運動をする】

ということだった。

つまり、
運動もそこそこ、またはほとんどせずに、脂肪燃焼系サプリに頼っても細マッチョになるには時間がかかるということ。

それよりは、
普段から体力の向上、疲れにくいサプリを飲んでいたほうがたくさん運動ができる。

私が愛飲しているのがテストフェン18000

関連記事:
→【テストフェン18000を30日飲んでみた結果・・・?

テストフェン18000を飲むと、
とにかく元気ハツラツ、チャラヘッチャラとなる。

以前は元気の減少に悩んでいたのも事実。

モテを目指す人間として、
精力系サプリの蛇矛サプリなどで低下した男性機能をカバーしていた。

30、40代から感じる男性機能の衰えをカバーする【蛇矛サプリ】を試してみた結果…?「あぁ、最近、なにか衰えを感じる・・・」 なんてシュールな冒頭で申し訳ない。 が、 若い時と比べて明らかに男性機能(勃起力、精力...

が、
いまではテストフェン18000を利用して毎日のHPをMAXまで回復させている。

体力があれば、
脂肪燃焼の運動もガッツリ実施できる。

「細マッチョにはなりたいけど、そもそも運動する元気がないんですけど・・・?」

という悩みを持つ男性は意外と多い。

世の中にゴマンとあるサプリをいくつか実際に飲んでみて、

「おぉ、飲み始めてから全然体調が違うんですけど!」

というサプリを継続して愛飲すれば、細マッチョになるためのランニングや筋トレも継続できる。

人間、まずは体力だ!ということをこの場で覚えておくのも今後のためには悪くないだろう。

男の妊活や男性力UPにはTENGA精育サプリ!モテる男はいつだってギンギン! 女性にモテるには様々な要素が必要。 その中でも、 男性力が高い男はいわずもがなモテる男の部類に入るだろう。 女性が男性をオス...

まとめ

細マッチョはとにかくモテる。

女性はクリスマス、バレンタイン、結婚式に続いて細マッチョが好きなのだ。

細マッチョは、

  • 健康的に見える
  • 清潔感が溢れる
  • ほどよい筋肉で姿勢がいい
  • ほどよい脂肪で自己管理ができている
  • シンプルなファッションやビジネススーツが似合う
  • 夜の方も強そう

といったイメージを女性から思ってもらえる、というメリットもある。

細マッチョになって損することなどこの世にはないのだ。

モテないと悩み嘆く男性諸君、
ここらで一念発起して理想のランニング方法と頻度で細マッチョを目指してみるのも悪くないぞ。

テストステロンを増やす筋トレは懸垂がベスト!モテたい男は背中・肩・腕を鍛えろ!テストステロンを増やすための筋トレメニューの中でも、個人的にベストだと感じるのが懸垂。 これから筋トレを始める初心者は、 テストス...