ブログ記事一覧

モテる男の特徴であるテストステロンには特有のニオイは存在するのか?

モテる男が必ず持つと言われるテストステロン。

通称モテホルモンと呼ばれるテストステロンだが、
日常生活においてその分泌量を正確に数値化することは難しい。

では、
テストステロンが女性を魅了するほど分泌されているかどうかを判断するには、テストステロンにニオイがあればいいのでは?

確かに、
モテる男は「モテフェロモンが出てるよね♡」と話す女性も多い。

ということは、
もしかしたらテストステロンには特有のニオイがあって、そのニオイがすればするほど自分でも女性からもモテる男として認識されやすいのではないか?

実際、
テストステロンには特有のニオイというのはあるのだろうか?

テストステロンには特有のニオイというのはない

テストステロン自体には特有のニオイというのは無い。

いろいろとネットや書籍を調べてみたが、
どうやらテストステロンにはニオイは存在しないようだ。

血中のテストステロン値を計測することは可能だが、
ニオイの強さによってテストステロンが多いのかどうかを判断するのは難しいようだ。

ちなみに、
男の体臭はテストステロンのニオイではないので勘違いしてはいけない。

「オレって男臭いからもしかしたらモテホルモンであるテストステロンがビンビンに分泌されてるかも?!」

と都合よく考えてはいけないし、
そもそも自分に都合よく考えるのが非モテの特徴であることを忘れてはいけない。

体臭はあくまでも体臭。

生活習慣や食べ物、清潔感の維持などによって、
無臭にもめちゃくちゃ臭くもなるのが体臭なのである。

いくら筋トレをしてテストステロンを増やしても、
不潔にしていたり、タバコを吸ったり、過度に酒を飲んだり、プロテインを過度に摂取したりするとくさーい体臭だけが身体から噴出するだけ。

体臭対策はバッチリしておかないとモテから遠ざかることを忘れてはいけない。

関連リンク▼▼▼
→【モテる男は体臭となる原因を理解している?

 ※ ※ ※ 
【注目】増税前のamazonタイムセール!

見た目臭としてのモテフェロモンがいわゆるテストステロン?

では、
いい男、モテる男はなぜかいい匂いがする、またはいい匂いがするような気がするのはなぜなのか?

それは、
おそらくは「見た目臭」がとっても良いので、錯覚資産として「この人はいいニオイがするからモテうだろう」と評価が上がっているのだろう。

関連リンク▼▼▼
→【錯覚資産を駆使すればモテる?

見た目臭とは、
実際のニオイではなくその人が醸し出す雰囲気からイメージされるニオイのことを指す。

モテる男は、
この見た目臭が良いとされるのでさらにモテ度が上がっているので結果的にモテているのだ。

・ファッションや着こなし
・筋肉質な身体
・髪型
・清潔感
・肌質
・トーク
・恋愛工学などの正しい恋愛戦略

関連リンク▼▼▼
→【正しい恋愛戦略とは恋愛工学と〇〇?

これらが兼ね備えられてる男は、
見た目臭がいいので結果的に「モテフェロモンが出てていい感じだわ♡」となるのである。

テストステロンが出ている男性で、
なおかつ上記の要素を兼ね備えている男性は見た目も雰囲気もニオイもモテるだろう。

モテフェロモンが出ていそうな男こそ、
まさにテストステロンが多いモテ男なのである。

女性はテストステロンのニオイを嗅ぎ分けることができる?

ちなみに、
女性は無臭と言われているテストステロンを嗅ぎ分ける能力を持っていると言われている。

南カリフォルニア大学にて「男性のテストステロンとコルチゾール量が、女性の匂いの好みに与える影響」を調べたところ、排卵期を迎えている女性は、テストステロン量が多い男性のTシャツの匂いを好む、という結果に。

この実験に参加した男性陣たちは、はじめにTシャツを渡され、そのTシャツを石鹸・洗剤・香水を使わず2日間ほど着るよう要求されました。匂いが強いものを食べることもNG。

その後、女性参加者たちに彼らのTシャツを嗅いでもらい、「良い匂いの度合い・興奮する度合い・強さ」の三つの項目を1-10の数字で評価してもらったところ、排卵期を迎えている女性がテストステロン量の高い男性の匂いを好む結果が見られました。

参考サイト:
https://テストステロン.com/archives/69

こちらにもあるように、
女性にはいい男を本能的、感覚的に選ぶ能力を兼ね備えているのだ。

これは言い換えれば、
女性にはその男がモテを擬態しているのか、見掛け倒しのダメ男なのか、はたまた非モテのフリをしているモテ男なのか、がわかる能力があるということだ。

関連リンク▼▼▼
→【モテる男は非モテを擬態できる?

女性にモテるには、
たとえモテていなくてもさもたくさんの女からモテている態度で振る舞わなければならない。

体感的には、
女性にモテていない時期でもテストステロンを増やす方法を実践しておけば、モテているフリが自然とできると感じる。

関連リンク▼▼▼
→【テストステロンの増やし方とメリットとは?

また、
独自のモテ理論ではなく、恋愛工学やLOVE理論などの正しい恋愛理論で理論武装しておけばモテる雰囲気は出せる。

関連リンク▼▼▼
→【LOVE理論を駆使すればモテる?

→【『恋愛工学でモテる』カテゴリー

テストステロン自体のニオイは特に男は嗅ぎ取れないが、
女性はテストステロンやモテフェロモンを嗅ぎ取ることができるので、モテる男を目指す人はそのことを十分に理解しておいたほうが良いだろう。

ニオイで女性を惹きつけるのはモテ戦略としては有効

ニオイはモテに直結する強力な要素である。

見た目や雰囲気、財力などが最低限備わっていれば、
プラスアルファで女性をニオイで魅了することは十分に可能なのである。

女性は妊娠するには、
男性の精子を体内に受け入れなければならない。

関連リンク▼▼▼
→【女の3つの生存戦略ルールとは?

言い換えれば異物を体内に取り込むと同じこと。

そうした状況では、
女性がいくら子孫を残すためといえどなるべくなら清潔なもの、キレイなもの、無臭またはいいニオイがするものを選びたいと思うのは当然なことである。

つまり、
清潔でニオイがいい男はそれだけで「この人の精子を受け入れてもOKかも」と判断させることができるのだ。

また、
ニオイは脳の記憶中枢にも深い関係がある。

とあるニオイを嗅ぐと、
昔を思い出したり過去の恋愛、今気になっている人を思い出したりする経験が誰にでもあるはずだ。

関連リンク▼▼▼
→【ニオイでモテ男になるメカニズムとは?

クサい男は女性の記憶に残ることはまずないし、
むしろ一生思い出したくない男として不名誉なフォルダに振り分けられる。

反対に、
清潔でいいニオイを漂わせるだけで女性のハートをハックすることは十分に可能なのである。

関連リンク▼▼▼
→【清潔感があっていいニオイの男はモテる?

女性にモテる方法とテストステロンを増やす方法は親和性が高い。

女性にモテる一つの方法としてニオイケアをしっかりとしておき、
加えてテストステロンを増やす方法を実践しておけばモテる確率はうなぎのぼりになるはずだ。

関連リンク▼▼▼
→【テストステロンの増やし方とメリットとは?

まとめ:テストステロンを増やせば実際のニオイでも感覚的なニオイでも女性を魅了できる

テストステロン自体にはニオイはない。

だが、
見た目臭や女性に認識される【モテフェロモン】はテストステロンを増やす方法で向上させることができる。

男性からしても、
自然であれ人工的であれいいニオイがする女性にはそれだけで惹かれてしまうだろう。

それは同じ人間として、
そして動物として女性も同じであると仮定できるし、おそらくその通りだろう。

テストステロン自体のニオイは無いが、
男としてのモテる雰囲気をまとう努力、つまりはテストステロンを増やす方法を継続することで女性を魅了することができるのだ。 

くれぐれも面倒くさい男にならないよう、
常日頃からモテる努力を継続しておくことがモテへの最短の近道なのである。

アクセスの多い人気カテゴリーランキングはこちら

1 位
モテたい男必見!
『モテ』カテゴリー

2 位
話題の恋愛術!
『恋愛工学』カテゴリー

3 位
おしゃれになる方法!
『ファッション』カテゴリー

ーーーーー

Twitterで日々の情報発信をしています。ブログ更新情報も。

もしよければ↓からフォローお願いします!

関連記事

  1. ブログ記事一覧

    錯覚資産を使ってモテるには恋愛工学的思考【EasyWinFirst】で結果を積み上げろ

    結論から言うと、 今何かと話題の錯覚資産を使ってモテることは可能…

  2. ブログ記事一覧

    女にモテるニオイとは【石けんのニオイ】!女を魅了するオススメの香水を紹介しよう!

    「臭い人は嫌い」「顔はいいけど、ニオイがねぇー」「体臭さえなけ…

  3. グアム旅行

    グアムの移動手段は【ストロールグアム(StrollGuam)】一択で決まり!グアム旅行を120%楽し…

    グアムに行った際には、移動手段はぜひ【ストロールグアム(StrollG…

  4. ブログ記事一覧

    【モテたいわけではないのだが】を必要以上に深く考えたらモテなくなってきた

    モテたいわけではないのだが、という言葉がよぎったら重症だ。モテたく…

  5. ブログ記事一覧

    【カップル必見!クリスマスの過ごし方】モテる男がオススメする家飲みアイテムBEST3

    「クリスマスはどう過ごせばいいの?」「クリスマスはどこも予約がいっ…

カテゴリー

PAGE TOP