ブログ記事一覧

「学んだ事は誰にも奪われない」をはじめとする【ユダヤ人の教え】が凄かった

「学んだ事は誰にも奪われない」をはじめとする【ユダヤ人の教え】が凄かった

「学んだ事は誰にも奪われない」をはじめとする【ユダヤ人の教え】が凄かった

「学んだ事は奪われない」  

元々は、TVCMで菅田将暉扮する鬼ちゃんが息子に言っていた言葉だ。

全然関係ないが、
鈴木福くんはこのCMの頃を境にどんどん大人になった。なってしまった。

マル・マル・モリ・モリ!と芦田愛菜ちゃんと踊っていたころのピュアなハートが、芸能界の暗闇に包まれてしまわないように願うばかりだ。

知識は奪えないが、
鈴木福くんが稼いだお金は悪いやつらに奪われてしまう可能性はあるのだから・・・。

いかんいかん、話を戻そう。

「知識は誰にも奪われない」

「学んだことは奪われない」

というこの言葉は、調べてみるとどうやら

「ユダヤ人の教え」

の中の一節だということが分かった。  

言葉通りに意味を捉えても、この「学んだ事は奪われない」という言葉は勉学や知識の大切さを説いている最も分かりやすい例のうちのひとつだ。  

では、実際にはどうやってこうした教えを説いているのか探ってみることにした。

目次

人は生きている限り、奪うことができないものがある。それは【知識】である。

小学館から出版されているユダヤ5000年の教えという本の中に、「学んだ事は奪われない」の言葉を詳しく説明した箇所があるので引用しよう。  

【 ユダヤ5000年の教え 】

(ちなみにこの本を紹介してくれた知人は陰謀論が大好きだ。「えー、ユダヤの教えってUFOとか地底人とか地球滅亡説とかに関わってんじゃないの?」とこの本を紹介してくれたその時は疑っていた。読まず嫌い。バカである。が、実は全然そんなことなく、めちゃくちゃ読みやすく、ためになる教え(ユダヤの教えはタルムードという書物にまとめられてる)ばかりだったよ。陰謀論は信じすぎてもモテないから気をつけようw)

ユダヤ人は長い間家を焼かれ、土地を奪われ、財産を没収され、国から国へと追われた。

そこで、ごく最近まで、ユダヤ人の子どもは、幼いときから母親に、

「世の中で一番大切なものは何か?あなたが生きている限り、人があなたから奪えないものは何か?」  

と聞かれ、  

「お金」 とか 「ダイヤモンド」  

と答えると、  

「いいえ、それは知識です」  

と教えられてきた。

 とある。  

長い歴史の中で迫害を受けてきたユダヤ人としては、

どんなに財産を奪われようとも、またそれを生み出す知識さえあれば何度でもやり直せるということを身をもって経験してきたのだろう。  

知識や経験、語学や自分オリジナルの商品やアイデアは、誰にも奪うことができない。 

その半面、
知識や経験、オリジナルのノウハウというのはお金ですぐに買うわけにもいかないため、自分の努力と長い時間を費やして身につけることが大事なんだ。  

子供の頃からこうした教えを親から言われていれば、自然と

勉強しよう、本を読もう、見聞を広めよう

という気になるだろう。

是非参考にしたいと思う。  

「学んだ事は奪われない」という教えの他にも、今の社会を生き抜くヒントが隠されたユダヤの教えをいくつか紹介しよう。  

こうした知識は、
長い目で見れば女性にモテる要素にも十分に横展開できる。

今も昔も、
バカはモテない。

今のうちから知識を蓄積しておき、
何歳になってもモテる男を維持できる土台を作っておこう。

モテたい男になるなら知識やテクニックも必要だ。下にある記事も参考にしてくれよな!

関連記事▼▼▼
→【賢い男はモテるのか?

→【非モテ必見!オススメの恋愛工学テクニック5選

ユダヤ人の教え 珠玉の10選

ユダヤ人の教え その1:”0から1へ”の距離は、”1から1,000”の距離より大きい。

→まずは0から1にする挑戦と努力をしよう。

1にしさえすれば、後は増やしていくだけ。  

ユダヤ人の教え その2:人は金銭を時間よりも大切にするが、”失われた時間”は金銭では買えない。

→人のお金を使う時は細心の注意を払って丁寧に扱うのに対し、約束に遅れたり、つまらない用件や長居で他人の時間を潰したり浪費したりすることには一向に気を配らない。

金銭は取り返せるが、一度過ぎた時間は二度と取り戻すことができない。

恋愛工学で言えば、
ストップロスという考え方で効率よく時間を活用するというやつだ。

時間を大切にしよう。

ユダヤ人の教え その3:どちらかといえば、お金を稼ぐのは、やさしい。”使い方が難しい”のである。

→然るべき金額を上手に使うのが賢人。

必要以上の金額を浪費するのが愚者。

人は持っている金額を見るのではなく、その人の使い方を見てその人を判断するのだ。 

ユダヤ人の教え その4:”してしまった”悔やみより、”したかったのにしなかったこと”のほうが、後悔が大きい。

→時間は有限。

したいことを理由をつけて遠ざけているうちに人生が終わってしまう。

一度きりの人生、やりたいことにはどんどん挑戦するべき。  

人生は、
時として質よりも圧倒的な量や試行回数が要求される時期もある。

やりたいこと、チャレンジしたい事に対してはどんどん積極的になろう。

女性に振られることを恐れずに試行回数を増やせばモテるようになる。詳しくは下の記事を参考にしてくれたまえ。

関連記事:
→【試行回数を積み重ねればモテる男になれる?

ユダヤ人の教え その5:人に言われてからした良い事は、自らすすんで行った善行の”半分”しか、価値がない。

→自ら率先して人に善行をすることに価値がある。

二番煎じで人の真似をしても誰も評価してくれない。

リスクを恐れず、
ファーストペンギンになろう。

ユダヤ人の教え その6:明日のことを心配しすぎてはならない。”今日、これから起こることでさえわからない”のだから。

→人生はくよくよしてはならない。

人間は先が見通せるほど、偉くはないのだ。

人生、当たって砕けろだ。

失敗の数が多い人間の方が人間味が溢れているものである。

ユダヤ人の教え その7:あなたの舌に「私はわからない」という言葉を一所懸命教えなさい。

→学ぶということは、まず自分が知らないことを認めることから始まる。

知らないということを認めない者は、成長することができない。

知ったかぶりするヤツは男も女も魅力的には見えないし、ただの見栄っ張りだと逆に周囲の評価を下げるからな。

関連記事:
→【知ったかぶりをする男はモテない?

ユダヤ人の教え その8:祈る時は短く、”学ぶときには長い時間”をかけよ。

→人事を尽くして天命を待つ。

神頼みは一瞬で終わらせて、残りの時間は全て学びの時間に充てよう。  

ユダヤ人の教え その9:嫉妬は1,000の目を持っている。しかし、”1つも正しく見えない”。

→嫉妬に駆られた人間は冷静な判断ができない。

他人と比較せず、常に自分の中に絶対的な価値観を持とう。  

嫉妬はやがて執着を生み、しつこい男となる。

モテにとってしつこさは何よりも排除すべき要素。

しつこい男、マジで無理!

女性にこう思われないように、
嫉妬とは一線を画す人間になるように常に意識しておこう。

関連記事:
→【しつこい男にならないように恋愛工学のタイムコンストレイントメソッドをマスターしよう!

ユダヤ人の教え その10:結婚へは、”歩け”。離婚へは”走れ”。

→結婚する時は冷静に。

離婚する時は泥沼にはまる前に急いで別れよう。  

※)ユダヤ人の恋愛や結婚に対する教えは、どちらかといえば否定的なスタンスの言葉が多い。

「恋愛や結婚もいいけど、あまりお熱を上げ過ぎたらアカンで」

という意味の教えが多いのが結構ウケる笑。

結婚ってなんなんだろうな・・・って生まれたばかりの俺は考えなくてもいいかw。結婚に関しては以下の記事を参考にしてくれよな。

関連記事:
→【モテる男が結婚前に考えておくべき3つのポイントとは?

→【妊活は結婚前にこそ男が考えておくべき重要ポイント?

 

ユダヤ人の教えの使用上の注意

「学んだ事は奪われない」という言葉をはじめ、ユダヤ人の教えは本当にためになる事ばかりだ。  

自分がまだまだ未熟だと思う人は、是非この本ユダヤ5000年の教えを読んでユダヤの教えに触れてみるといいかもしれない。  

で、ここで私が思う、ユダヤ人の教えを使う時の注意事項。 

それは、

使いすぎるとジジ臭くなるぞ!  

ということ。

大切なユダヤ人の教えばかりなんだけど、どうしても表現が多少古臭くてナウくない。 

良かれと思ってデートの時に女の子に説明しようものなら、  

いやいや、言いたいことはわかるけど、なに賢者っぽく言っちゃってんの?

え?それって説教してんの?お前がまずユダヤに弟子入りしろや

強烈なカウンターパンチを喰らう恐れも充分ある。  

できれば、自分の人生のスパイスとして心の中に留めておくのが一番いいのかもしれないね。  

男同士でも、  

いちいち会話の節々にユダヤ人の教えをブッ込んでくるヤツがいたら、だんだんウザくなってくる。  

昨日今日得た知識をひけらかすヤツや、立場を利用した冴えない上司などがこのタイプに多いな・・・。かなりイタイぞ・・・。

ユダヤの教えは、
用法用量を守って、正しく使用しましょう。

まとめ

とはいいつつも、
ユダヤの教えは長い歴史の中で培ってきた金言の数々が多く、とてもためになる。 

現代の人々が忘れがちな、お金・成功・人生・恋愛の本質をユダヤ人の教えによって再確認できるかもしれない。  

「学んだ事は奪われない」のだから、どんどん勉強して自分のファンダメンタルバリューを上げていこう。  

おわり  

※私が普段愛飲しているのがテストフェン18000。

頭が良くて、且つたくましい男になるべく日々筋トレを取り入れているが、さらにテストフェン18000を毎日飲むことでスマートなモテモテボディを維持している。

バカとヒョロガリはモテない。

3枚服を買うより3キロ痩せたほうがイイに決まっている。

詳しくはこちら↓。

https://man-labo.com/archives/6249