モテない男の特徴

モテない男のファッションNGポイントは【トッピングし過ぎ!】頑張りすぎたファッションは女ウケしない理由とは?!

モテる男の要素として、
ファッションがおしゃれというのがある。

しかし、
この【ファッションがおしゃれ=モテる】を勘違いすると、装飾品が多い、つまりはトッピングの多い服装となり、女からしたら「ファッションに頑張っちゃってる男」と見なされる。

これでは女にはモテないし、むしろ女からしたらNGポイントなのである。

努力の方向性が違う男というのは、いつの時代も滑稽で、そして女にはモテない。

特におじさんに多いのが、
おしゃれな男を目指して装飾やファッションのトッピングを多めにしてしまうこと。

何歳になってもモテる男が心がけるファッション理論は、とにかくシンプルイズベスト。

ファッションにおけるトッピングの多さは、モテ度とは反比例するのである。

関連記事▼▼▼
→【モテるファッション理論とは?

モテるファッションとはトッピングが少ないファッションのこと

モテるファッションとは、ズバリ、トッピングが少ないファッションである。

ラーメンを注文する時、
トッピングをすると豪華に見えるし、何より満腹になるので嬉しい。

だが、
何歳でもモテるファッションにおいては、トッピングによる足し算はむしろマイナス評価だと心得よう。

シンプルイズベストという有名な言葉がある。

何より、
ファッションにおいてはこのシンプルイズベストを忠実に守った方がモテる確率はグンと上がることを、モテたいと考える男たちは覚えておくべきだ。

関連記事▼▼▼
→【女にモテるならシンプルな服を着るべき?

女はファッションに頑張りすぎている男はNG

女はおしゃれな男が好きである。

おしゃれでかっこいい男と一緒にいれば、
自分もおしゃれの仲間入りとなれるし、友達からの羨望の眼差しもガッツリもらえる。

それはたとえおじさんだろうと何歳だろうと関係ない。

いい遺伝子を持っていると判断されれば、男は何歳になってもモテるのだ。

しかしながら、
モテたいがためにおしゃれに頑張りすぎている男は、女からしたらNG、イタイ男となる。

女子ウケを考えたら、ファッションにおける足し算は極限まで減らした方がいい。

あくまで、
自然に、頑張りすぎず、ちょっとしたセンスで着ている服が、その人の体型や雰囲気に合っていて初めて「素敵!おしゃれ!」となる。

元セクシータレントで作家、コラムニストなど幅広い活躍をしている鈴木涼美氏は次のように言っている。

変にオシャレするのは最悪です。

若い女の子に「オシャレですね」と言われたらダサいってこと。

「このオッサンはオシャレって思われたいんだな」という気持ちで言っているんですから(笑)。

参考:週刊SPA!

このように、
世の中の男たちは女からの「オシャレですね」を間に受けてはいけないのである。

彼女たちは完全に男の下心を見透かして、仕方なく褒めているのだ。

特におじさんには当たり障りなく接し、その場では傷つけないように表面だけ褒めて、あとでがっつり女子会のネタとして盛り上がるのである。

ここからもわかるように、
男はファッションにおいてトッピングを増やして少しでも頑張っている感が出たら、その時点でダサい男に確定、非モテ確定なのである。

おじさんたちは要注意だ。

あわせて読みたい▼▼▼
→【非モテが読むべきファッション難民救済本とは?

ファッションを頑張りすぎる男はトッピング(足し算)が多くなる

ファッションにおける勘違いとして、
装飾が多ければ多いほどおしゃれになっていく、と言うのが挙げられる。

女は化粧やファッション、持ち物なので華やかに着飾ることで綺麗になるし、それがまた男を惹きつけるのでOKだ。

しかし、
男が女のように足し算を重ねてトッピングだらけのファッションをしたら、それこそまさに「ファッションを頑張りすぎている男」そのもの。女に冷ややかな目で見られてジ・エンドである。

クジャクは華やかな羽を見せることでオスがメスを魅了するが、
人間の男はファッションで足し算をしてトッピングを増やす必要はないのだ。哺乳類なんだから。

特に年齢を重ねたおじさんたちは、
若さで勝てないとわかると金の力を使って足し算を多くして女の気を引こうとするが、これは完全に裏目に出るので気をつけよう。

ガチャガチャしたファッションのおじさんは、誰がどう見てもイタイし、モテるはずがないのである。

モテる男が避けるべきトッピング(足し算)のアイテム例

実際に、
トッピングの要素として挙げられるアイテムはどんなものがあるのか、いくつか挙げてみよう。

・指輪(結婚指輪はOK)、ブレスレット、ネックレス、ウォレットチェーンなどのアクセサリー

・数珠

・ファスナー(ファスナーだらけのパンツなど)

・柄物(チェック、ハート、よくわからないキャラ、イラストなど)

・ボタン(Yシャツのボタンダウンでさえトッピング要素である)

「もっとおしゃれになりたい」と頑張っている時、
上記に挙げたようなアイテムを自ら増やしていないかどうか確認しておこう。

その他にもメガネ、カバン、使いもしないデジタルガジェットなど、
とにかく「あれもこれも取り入れたい!」と思って身につけたものはほとんどがファッションにおいて不要だと思っておくことが大事だ。

あわせて読みたい▼▼▼
→【モテるには物欲と性欲に折り合いをつけるべき?

モテるファッションを目指すならとにかくシンプル(引き算)に

モテるファッションをするなら、
男は何歳になってもとにかくシンプルな服装を心がけるべきだ。

トッピングを増やすのは、
仲良くなった女の子と一緒にいくラーメン屋での注文時だけでいい。

シンプルかつおしゃれに見せるお手本としては、
こちらの本を参考にしてもらえればまず問題ないだろう。

MB氏の著書は、
年齢関係なくどんな男もシンプルにおしゃれになれるので超おすすめである。

私自身、
季節が変わるごとにMB氏の著書を読んでファッション理論、おしゃれの原則をおさらいするようにしている。

おかげさまで、
ファッションで女子から足切りされたことがないので、その効果はお墨付きだ。

加えて、
女にモテるノンバーバル要素である筋肉をつけておけば、さらにモテるようになる。

女は体の大きな男が本能的に好きなので、3枚服を買うくらいなら3キロ筋肉をつけるようにしよう。

→【体が大きい男はモテる!に関する記事はこちらから

ファッションは引き算という面で言えば、
3枚服を買うなら3キロ脂肪を落として(痩せて)シュッとなるのもモテる方法だ。

関連記事▼▼▼
→【モテる男が知っておくべきダイエットの新常識とは?

足し算をしていいのは筋肉とデートの予算、そして女の子への愛情だけ。

あとはなるべくシンプルに、身軽に、そして頑張ってる感を極力減らす努力をしよう。

関連記事▼▼▼
→【ファッションにおける筋肉はドレス?カジュアル?

まとめ

女からしたら、
男が服装で頑張っている姿はイタイが、そこは優しさでなるべく傷つけないように「おしゃれですね♡」と言っているのである。

(女のハートマークは、なんの意味もない。男で言うところの「押忍!」と同じなので、曲解しないようにしておこう。)

それを真に受けて、
どんどんファッションのトッピングを多くしたら、やがて皿から溢れて見栄えが汚くなってしまう。

・ファッションに頑張っている感が出ている男はモテない
・トッピングを増やしたおっさんはさらにイタイ

・シンプルイズベストを心がけトッピングを増やさない
・3枚服を買う前に3キロ筋肉つけるか、それか痩せるようにする

どんな年代でも、
男がファッションでモテようと思い立ったら
まずはこれらの点に十分注意した上で自分の目指す服装を決めるのがいいだろう。

モテる男は目指す領域とは、
一晩過ごしたベッドの上で「あなたってファッション素敵ね♡」と言われることだと覚えておこう。

こちらの記事もオススメ▼▼▼
→【ラクしてモテたいならファッションを変えよう!オススメはMB著【最速でおしゃれに見せる方法】!

アクセスの多い人気カテゴリーランキングはこちら

1 位
モテたい男必見!
『モテ』カテゴリー

2 位
話題の恋愛術!
『恋愛工学』カテゴリー

3 位
おしゃれになる方法!
『ファッション』カテゴリー

ーーーーー

Twitterで日々の情報発信をしています。ブログ更新情報も。

もしよければ↓からフォローお願いします!