ブログ記事一覧

【ダメ!絶対!】出会いの季節にモテたいなら【フレンドシップ戦略】をするな!

【ダメ!絶対!】出会いの季節にモテたいなら【フレンドシップ戦略】をするな!

新社会人に新学生。

4月は出会いの季節だ。

女性だって、
新たな環境で素敵な男性と恋に落ちたいと本気で思っているハズ。

これはチャンス。

そんな時の正しい恋愛戦略とは、
【フレンドシップ戦略をしない!】という一言に尽きる。

いままで、
出会いの季節でうかれ、このフレンドシップ戦略で女性にアプローチして玉砕していった男は数知れず。

そんな男の屍を拾っても拾っても、
同じような失敗をする大馬鹿者が後をたたない。

そんな状況を打破するためにも、
今回の記事で【フレンドシップ戦略】とオサラバして欲しい。

そうすれば、
きっと夏までには素敵な女性と素敵な時間を共有できているハズ。

早速見ていこう。

関連記事:
→【フレンドシップ戦略はモテない?

※参考図書はこちら

フレンドシップ戦略は恋愛工学における最悪の戦略のひとつ

下心を隠して友達として接近し、
時間をかけてその女性と仲良くなり、やがて恋愛関係(セクロスする関係)になることを目指すのがフレンドシップ戦略だ。

一見、
この恋愛戦略はデフォルトだと思ってしまうが、そう思ったらそれはすでにメディアに洗脳されていると考えていい。

「最初はお友達から」

というのは、
いままでテレビやメディア、女性誌などが作った幻想である。

友達から恋人になる期間?アホか。

はじめからオスとして認められてなければ、
その女性といつか裸で抱き合う関係になるなって棺桶に入るまで無い。

キミが家で下半身を出しながら、
「いつか、いつか、あのコと・・・」とモゾモゾしている時。

その時間と同時刻、
その彼女はどっかのチャラいイケメン風なヤツにいきなり抱かれている。

間違いない。

フレンドシップ戦略とは、
男に女性にアプローチしない言い訳を与える戦略であり、ただのヘタレを正当化する戦略なのである。

フレンドシップ戦略は、
ブロガーで作家でもある藤沢数希氏が恋愛工学内で示した最悪な恋愛戦略の一つ。

このフレンドシップ戦略を採用している間は、
キミには一生気になる女性と恋人関係(セクロスする関係)になることはないだろう。

友達→恋人候補への昇格を期待するのは非モテ

友達から恋人候補への昇格を期待するのは非モテがやること。

昇格するまで、
じっと待っているのか?

そもそも、
その女性はキミのことをどう思っているのか確認したのか?

デートに誘ったらOKなのか?

そうした確認を怠るのがモテない男の特徴だ。

なぜなら、
断られるのが怖いから。

だから、
勝率がほとんど無い勝負で【待ち】という戦略を取り、貴重な青春時代を無駄にするのである。

友達から恋人への昇格はまず無い!と認識しないと、
一生エロ動画をネットサーフィンして好きな女性に似たセクシー女優を探す人生を送ることになるのである。

女性は出会った瞬間からアリかナシを判定する

では、
なぜ友達から恋人への昇格を期待してはいけないのか?

それは、
女性は出会った瞬間にその男性がアリかナシか判定するからである。

関連リンク:
→【女性は男を常に減点評価する?

女性は女性というだけで価値がある。

さらに、
若さ、顔、スタイルによってその価値は指数関数的に上昇していく。

だから、
若くてかわいくて歌がうまい巨乳のアイドルはおびただしいほどのファンを引き寄せるのである。

そんな女性たちには、
それこそ膨大な人数の男たちが言い寄ってくる。

そうした状況の中、
いちいち友達から始めて、じっくりその男の事を判断しているヒマなどはっきりいってない。

面倒くさいから。

だから、
女性の戦略としては、第一印象(パッと見と雰囲気など)でアリかナシかを判定する。

そうして、
「コイツは絶対ムリ!」ってやつをスクリーニングするのである。

関連リンク:
→【女の3つの生存戦略ルールとは?

そうして選択肢をどんどん減らし、
最終的によさげな男から自分が興味がある男を選ぶのである。

「コイツ無理!」と瞬時に判断されたら、
その男がどんなに尽くそうと、どんなに優しくしようとそれはキモいだけ。

したたかな女性なら、
それを上手に利用してアッシー、メッシー、そしてイベントごとのプレゼント要員にして搾取するのだ。

これは女性は悪くない。

勝手にキモい非モテの男が、
勘違いしてフレンドシップ戦略で友達→恋人への昇格を狙ってウロウロしているだけ。

無下に扱えば、
逆上したりその後のそのコミュニティでの評判にも影響する。

だから、
女性はフレンドシップ戦略を取る勘違い野郎に当たり障りなく接する。

それを「この子も俺のこと好きかも?」と勘違いするから、
最終的に狂ったようにストーカーとなって振られたりLINE未読スルーされたりブロックされたりするのである。

女性と出会う機会がある時は、
女性は瞬時にこの男はアリかナシかを瞬時(0.3秒とも言われる)に判定する。

ここでナシ判定になれば、
その後その男が恋人候補になる可能性は極めて低い。

だからこそ、
ナシ判定された男が取るフレンドシップ戦略は全くワークしない間違った恋愛戦略なのである。

まずは好きな人がいる環境以外でモテる努力をする

では、
出会いの季節にどのようにすれば意中の彼女を落とせるのか?

方法は2つ。

  • 予めモテモテの男になってオスとしてアプローチする
  • 他の環境でモテる男になっておく

前者は、
すでにモテる男のオーラを纏い、テストステロンもバリバリ出ているはずなので、細かい戦略は不要。

普通にアプローチして、
デートに誘って最後まで誘えばいい。

が、
それができないから恋愛は難しい。

そこで後者の戦略。

会社でも学校でもその他どんなコミュニティでも、
気になる女性がいたらその環境以外で多くの女性にモテる努力をすることだ。

好きでいればいるほど、
その子のことを頭の中から除外して他の環境でたくさんアプローチする。

そしてモテる男になって女慣れしておくのだ。

女性は、
「なんかチャラそうで他にも女と遊んでそう・・・」という男に本能的に惹かれる。

非モテ童貞は本能的にも生理的にも絶対に無理なのだ。

他の環境でモテる男になることで、
「もしかしたら自分(女性側)よりもレベルの高い男なのかも?」と思わせる。

自分よりレベルの高い男の遺伝子を女性は欲しがるからだ。

そうして、
改めて本来の本命の女性に女慣れした雰囲気で接すればいい。

そうすることで、
相手の方から「気になるなぁ♡」と興味を持ってもらうのである。

そうなればあとは自然の流れに任せればいい。

ここでポイントは、
自分に自信がなかったり、モテを実感できないうちは自分の存在をなるべく相手に悟られないこと。

オスとして不十分のうちから存在を確認されると、
もしかしたら「コイツ、ナシだわ」の判定を下されてしまうかもしれない。

そうならないためにも、
気になる女性がいたらフルコミットせずにある程度の距離を取っておいた方がいいだろう。

出会いの季節は女性側も男を選ぶ基準が下がっているためチャンス

出会いの季節(春先や夏前など)は、
男同様に女性側も出会いを期待しているもの。

ということは、
少々こちらの価値が低くても季節マジック(桜とか花見とか新学期とか)によって女性側の査定基準も緩くなっているのだ。

ということは、
こちらからわざわざフレンドシップ戦略で自分を安く見せる必要などまったくないということ。

「俺はこの場所以外でもいろんな女と遊んでいるんだぜ?」

という雰囲気さえ醸し出せれば、
いくらでも判断基準が緩くなっている女性側からの興味も引き出せるのだ。

こんなボーナスタイムに、
わざわざへーこらと下から女性を見上げるようなマネをするなんて余計。

出会いの季節ほど、
より一層フレンドシップ戦略をやめて堂々としていればいいのである。

他でモテていればそのニオイで好きな人も興味を持つ

フレンドシップ戦略を止め、
他のコミュニティで多くの女性経験をすると、女性だけが感じる「オスのニオイ」を身につけることができる。

恋愛工学でいう「モテスパイラル」だ。

関連リンク:
→【モテスパイラルは作れる?

女性はモテる男性が好きで、
多くの女性からモテている男性の雰囲気を嗅ぎ取ってさらに女性が寄ってくる。

そうした状況、雰囲気を意識的に身につけるとウハウハだ。

よくモテるホルモンであるテストステロンを増やそう!という情報を耳にする。

これは、
テストステロンが女性特有の嗅覚で感じ取れるモテる雰囲気やニオイであるからだ。

テストステロン自体にニオイはない。

関連リンク:
→【テストステロン特有のニオイって?

が、
テストステロンをまとっている雰囲気やルックスが女性の本能にアプローチしてハートをハックするのである。

本命の女性も、
例外なくモテている男性から永遠の愛をささやかれることを願っている。

その状況を作るためには、
まずは他の環境でモテの実績を積み上げておくべきなのである。

少なくとも、
フレンドシップ戦略と称して「ありのままの自分で勝負したい!」と、ずっと待ちの姿勢でいる男にはこれっぽっちも勝算はない。

あるのは玉砕、または存在すらも忘れられることのみ。

そうならないためにも、
特にこの出会いの季節においてはメインのコミュニティ以外の場所でモテる努力をして実績を積み上げておこう。

関連リンク:
→【オススメの恋愛工学テクニック5選とは?

まとめ:フレンドシップ戦略をやめることがモテへの第一歩

フレンドシップ戦略はラクだ。

一途に見えるし、「俺って優しい」と感じることも出来る。

が、
相手の女性はナシ判定した男からそんなコトをされても迷惑なだけ。

むしろ、
イイ男からアプローチされて、自分が追っている方が女性は満たされる。

恋愛において、
フレンドシップ戦略という名の【待ち】はまずワークしない。

出会いの季節ならばなおさらだ。

間抜けな顔して友達→恋人への昇格を待っている間に、
どんどん他のモテ男からアプローチされていつの間にか彼女化しているハメになる。

そうならないためにも、
フレンドシップ戦略と言うものを理解し、そしてすぐにやめよう。

そして、
筋トレや恋愛工学テクニックを駆使してモテる努力をし、モテスパイラルを引き寄せる男になって出会いの季節を満喫しよう。

※参考図書はこちら

こちらもオススメです!:
→【恋愛工学を学ぶなら「ぼく愛」を読むべし?